JR立花駅前のショッピングセンター「立花ジョイタウン」

ようこそ立花ジョイタウンへ
フロアガイド/3階
フロアガイド/2階
フロアガイド/1階
フロアガイド/地下1階
立花ジョイタウンへのアクセス・駐車場案内
ブログ・立花ジョイタウン
立花ジョイタウンの紹介
募集案内
立花ジョイタウンへのお問い合わせ
立花ジョイタウンの紹介
●昭和55年4月に再開発ビルとして開店しました
立花ジョイタウンは昭和55年4月17日に新築オープンし、それまでは駅前によくある商店街でしたが、市街地再開発事業により駅前広場の整備と併せて、7階建ての再開発ビルに生まれ変わりました。竣工直後は、駅前の便利な立地にコンパクトなショッピングセンターができ、食品スーパーの集客力により非常に賑わい、全国の再開発事業を計画している行政、商店街が先進地視察に訪れるほどでした。
その後、平成12年4月に隣接地に駅前再開発2期事業としてフェスタ立花が完成し、ターミナル機能をもつ都市拠点が誕生しました。しかし、駅から再開ビルを回遊できるぺディストリアンデッキと立花ジョイタウンへは階段で結ばれ、ビルへの動線が以前よりも不便になったことと、核テナントの食品スーパーがフェスタ立花に移設したこと等が影響し、次第に衰退を余儀なくされました。
平成17年に開店25周年を迎え、記念事業の実施を期に活性化に本格的に取組む為に、「立花ジョイタウン活性化委員会」を立上げ、リニューアル事業について計画、推進のための検討を始めました。その成果として、平成20年9月に5店舗の区画を合わせてファーストフードの店舗を誘致し、少し賑わいを取り戻したところであります。しかしながら、ショッピングセンター内への集客・回遊には至らず、平成22年4月に迎える30周年に向けてリニューアル事業を計画しているところです。

●商店街振興組合が運営しています
立花ジョイタウンでは建物、設備の維持・管理は竣工時に市街地再開発法によって設立された管理組合が行っていますが、店舗全体の販促活動、商店街活性化のためのソフト事業は、平成11年12月に設立された商店街振興組合が行っています。
再開発ビルは市が出資する三セクの管理会社がハード、ソフトともに管理・運営する事例が多いが、立花ジョイタウンでは商業者の協働による自主的な運営を行っています。そして、地域住民の皆様に喜んでもらえるショッピングセンターであることを志しています。


【立花ジョイタウン商店街振興組合の概要】
○設立年月日 平成11年12月24日
○出資金    900,000円
○組合員数   30名
○代表理事   峯松完治
○事務所    〒660-0052 尼崎市七松町1丁目1番1-302
○電話番号   06-6419-2385

個人情報について  お問い合わせ
立花ジョイタウン商店街振興組合  〒660-0052 尼崎市七松町1丁目1-1  TEL(06)6419-0255 FAX(06)6419-0076
copyright (c) 2009 立花ジョイタウン商店街振興組合 All right reserved.